男性と女性のタクシードライバーの平均年齢

男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは

比較的タクシードライバーは男性社会のイメージであり、幅広い年齢層の男性が活躍をしています。芸菌的には40代から50代男性が多い業界ですが、女性ドライバーも増えてきており、女子の場合は60代や70代ドライバーもいるのですから、男性ドライバーも負けてはいられません。

男性ドライバー平均は脂ののった40代が多め

男性タクシードライバーの平均年齢として、幅広い年代が活躍をしていますが、40代前半から半ばにかけては多いです。全国的な平均の年齢を出すとしたら43歳前後が男性ドライバーに多い年齢層ですが、一般企業勤務でも40代といえば仕事でも脂ののった良い時期にあたります。タクシー業界にあっても企業勤務のサラリーマン同様40代はまさに働き盛りでドライバーとしても、調子の良い時期にあたるのがこの世代です。40代を通り越したら誰もが50代に突入をしますが、タクシー業界で働く男性陣としては、50代男性もかなりの多さだといえます。

実は50代から60代女子が多いタクシー業界

華やかで優しい女性のタクシードライバーも増加傾向にあるタクシー業界ですが、平均年齢は50代と大人世代が多めです。一般企業でいえば女性で50代というとすでに定年を目指している雰囲気ですが、タクシー業界での50代女子は脂がのって、絶好調の時期になります。掘り下げていると女子のタクシーを生業とするドライバーの平均は、実は50代から60代という数字ですから驚きです。今の60代はシニアなんて言わせないくらい、見た目も心も気力も若いですし、本当のやる気で頑張る人が多いので、タクシー業界だってそんな頑張り屋さんを放ってはおきません。

年齢層幅広い人材が活躍できるタクシーの世界

男性と女性のタクシードライバーの平均年齢を挙げてみると、多いのは40代から60代と幅広目です。経験値の多い年代ですから接客業としても、乗車をするお客さんへの配慮は見事なものがありますし、乗車するお客さんに良い気分で乗ってもらうことにかけても本領を発揮できます。落ち着いた年齢層のドライバーだからこそ、乗車をする側も安心をして乗ることができますし、話しかけやすかったりと利点は多いです。女性のタクシー業界への進出も増えたドライバー業ですが、20代から30代女子ドライバーも増えています。まだ若く記憶力も良い上に体力もあるので、長時間のドライバーの業務もスムーズにこなしやすいです。

まとめ

男性はもちろんのこと女性のタクシードライバーも活躍できるタクシー業ですが、平均年齢は割と高めです。20代や30代のフレッシュなメンツももちろんいますが、長く働いて50代や60代を迎える人も多いですから、しっとりと落ち着いた年代も多い職業でもあります。

比較ページへのリンク画像