未経験からタクシードライバー 年齢制限 転職と再就職で60代も働く

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?

タクシードライバーとして就職を希望するとき、年齢制限がどれくらいかを知っておくと良いでしょう。やる気があるなら何歳でもいいとするのが表向きです。ただ、健康状態や視力に問題があると難しくなるときもあります。

会社によっては特に設けていないところもある

記事のイメージ画像

人を採用するとき、男女の区別や年齢による区別はできません。これはあくまでも募集広告の話で、実際にはそれなりに区別しているところはあるかもしれません。タクシードライバーといえば高齢での就職が可能とのことで定年後に応募をしてみようと考えている人もいるかもしれません。年齢制限に関しては特に設けていないところも多いのでやる気があるなら応募してみるといいでしょう。もちろん仕事ができる体かどうかが重要になります。病気を持っていて治療をしているなどになると、若くても採用してもらいにくくなります。一方で65歳や70歳を超えていても病気知らずなら採用してもらえる可能性があります。

視力が良くないと2種免許に通らない

タクシードライバーに就職を希望する人として、既に経験がある人と全くの未経験の人がいます。経験者は2種免許を持っているでしょうし業界のことを熟知しています。未経験の人は、これから2種免許取得の人もいるでしょう。年齢制限が気になるところですが、視力の問題をクリアしなければいけません。実質的に何歳でも応募できますと書かれているものもありますが、2種免許の合格基準の視力が無ければ試験に通りません。となるとドライバーとしての仕事ができません。50歳でも視力が弱いと難しいですし、70歳を超えていても視力がいいのであれば採用してもらえます。視力をよくする努力が必要です。

実質的には75歳ぐらいまでが目安になる

実際の年齢と精神年齢、肉体年齢は異なります。実際の年齢よりも老けている人もいれば若い人もいます。ただ、一定の目安として実年齢を使うことはあります。タクシードライバーとして就職をするときの年齢制限としては、21歳以上なら可能としているところが多いです。21歳以上なのは2種免許が取れるのが最低21歳だからです。では上限がどれくらいにあるかですが、表向きには書かれていません。ただ、目安としては75歳くらいになるでしょう。定年直後の60歳代ぐらいならまだまだチャンスがあると言えます。もちろん体力の問題もあるので、まずは応募して試験や面接などを受けるといいでしょう。

まとめ

一般的な会社は定年を65歳などにしています。タクシードライバーとして就職をしたいときの年齢制限は、特に上限が決められていないといえます。健康でやる気があるなら応募してみると採用してもらえるかもしれません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
年齢別でタクシードライバーになるためには?
タクシードライバーは本当に稼げるの?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーの給料事情とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について