定年後にタクシードライバーになる 転職と再就職で60代も働く

定年後にタクシードライバーになる人が急増中?

記事のイメージ画像

定年後の過ごし方は人によって様々ですが、タクシードライバーとして第二の人生を歩む人も少なくありません。これまでの経験を活かして働きたいなど、ひとりひとりドライバーに託す意気込みを伺い知ることができます。ただ、いくつか注意する点もありますので、一度確認しておくといいでしょう。

毎日の健康管理に注意してください

定年後にタクシードライバーとして働く場合、最初に注意する点は生活の面です。タクシー会社にもよりますが、勤務シフトによっては不規則な生活を強いられることも少なくありません。お客さんによっては長距離を走ることもあるでしょう。そうなると体力的な負担はもちろんのこと、長時間運転によって腰痛などが起こることも考えられます。定年後ということで、若い人たちと比べて体力も衰えていますので、健康管理に注意する必要があります。特に深夜に運転する場合、自分の体のことを考慮しながら運転することが大切です。まずは、自分の体と相談してみましょう。

どのようなお客さんにも対応する必要があります

タクシードライバーをしていると、毎日、様々なお客さんと接することになります。ひとりひとり性格などが異なりますので、場合によっては相性の悪いお客さんと接することもあります。日によっては、相性が合わない人の方が多いこともあるでしょう。しかし、そんなお客さともしっかり対応する必要があります。その中には乗車拒否する人もいるかもしれませんが、そのような状態が続いてしまうと会社の信用問題にもかかわってきます。さすがにひどい酔っ払いの方は例外ですが、通常は、どのようなお客さんにも対応するのがタクシードライバーの役割とも言えます。

交通事故や交通違反のリスクを理解しておきましょう

定年後にタクシードライバーになる場合、交通事故や交通違反のリスクについても考慮する必要があります。ドライバーは1日中運転することになりますので、一般のドライバーと比べて、交通事故や交通違反のリスクが高くなります。タクシードライバーは何歳になっても稼ぐことができる魅力的な職業ですが、運転する時間と比例して様々なリスクが発生します。交通違反の内容によっては、今後の運転にも影響してきますので注意する必要があります。このように定年後にタクシードライバーをする場合は、交通事故や交通違反のリスクについての理解も必要です。

まとめ

定年後に、第二の人生としてタクシードライバーの仕事を選ぶ人もいるでしょう。個人のタクシードライバーは自分のペースでできるなど、魅力が多いのも特徴です。ただ、ドライバーには注意する点もありますので、一度確認しておきましょう。

比較ページへのリンク画像