タクシードライバーの仕事のやりがい 転職と再就職で60代も働く

タクシードライバーの仕事のやりがいとは

仕事はやりがいのあるものなら、長く続けることができます。タクシードライバーの仕事もさまざまなやりがいがありますので、一度働きはじめると長く続けることができるでしょう。いったいどんなやりがいが隠れているでしょう。

中高年世代でも活躍できる環境がある

職業により平均年齢は違いがありますが、タクシードライバーの場合は定年後に勤める人も少なくないため、平均年齢は高めになっています。それだけこの仕事は中高年世代でも頑張ることができる内容です。そして、頑張ることによって大きな仕事のやりがいを掴むことができる仕事です。具体的にはどんなやりがいがあるかというと、一番大きな部分は報酬は歩合制になっている点です。50代や60代の人でもやる気さえあれば、この歩合制を上手に活用して、収入を増やすことができます。誰でも、お金はできるだけ多くもらいたいです。一般企業に勤めていれば、頑張った分だけその月によってお給料が変わることはまずないでしょう。しかし、タクシードライバーの場合は頑張れば頑張った分だけお給料が跳ね上がります。これが大きな魅力になります。

今までの経験を活かすことができる

今まで営業マンとして仕事をしていて車を走らせていた人、それ以外でも普段の生活の中で車を運転する人は多いでしょう。タクシードライバーへの転職は運転していた経験を活かすことができます。今までの経験を次の仕事に活かすことができることが、仕事のやりがいにつながっていきます。さらにタクシー会社に就職すれば新しい同僚もできるでしょう。仕事をすることはもちろんやりがいだけでなく、辛い場面もつきものです。しかし、そんな時に同僚と会話をしたりお酒を飲むことでストレス発散に繋がります。新しい同僚とともにはっぱをかけあうことも、やりがいにつながるでしょう。

お客さんとの接点ができることが素晴らしい

タクシーにお客さんを乗せることで、利益を得ることができます。そして、お客さんを快適なドライビングテクニックで目的地まで運びます。お客さんからありがとうと感謝の気持ちを伝えられることはドライバーにとっては大きな喜びに繋がります。そして、この感謝の言葉がドライバーのやりがいとなるでしょう。長距離移動のお客さんを乗せれば、車内に会話も生まれるでしょう。そのほかの仕事をしていたら決して会うことのなかった人と会話ができます。色々な職業の人を乗車させること、こうしたさまざまなお客さんとの出会いもタクシードライバーの特権です。会話の中でお客さんから得られる情報もあるでしょうし、お客さんにドライバーから情報提供することもあります。会話のキャッチボールから知識も豊富になっていきます。

まとめ

色々な仕事がありますが、タクシードライバーの仕事は頑張った分だけお給料に反映されることは大きな仕事のやりがいにつながります。また、色々なお客さんとの出会いがありまして、さまざまな人と会話できるところが良いでしょう。お客さんから感謝の気持ちを伝えてもらうこともあり、とても嬉しいものです。

比較ページへのリンク画像