タクシードライバーは本当に稼げるの? 転職と再就職で60代も働く

タクシードライバーは本当に稼げるの?

タクシードライバーは稼げるイメージがありますが、現実の所を知っておくと良いでしょう。他の業種との比較で言えば多くもらっているわけではないといえますが、人によってもらう金額が異なり、稼いでいる人はかなりもらっているようです。

歩合給の割合が高く売り上げが高いと給料もいい

それぞれの会社には給与規定があります。会社や職種によって異なりますが、一般的には賃金テーブルに基づいた定期昇給によって決まります。急に給料が上ることは少なく、少しずつ実績を上げて昇給するしかありません。ではタクシードライバーとして仕事をすると稼げるのかどうかです。タクシー会社によって賃金の仕組みは異なりますが、完全歩合や歩合の割合が高い所が多いです。歩合は、売上の額によって給料が決まる仕組みで、売上が高ければそれなりに稼げて、逆に売り上げが少ないともらえる額も少なくなります。頑張ってお客さんを乗せれば売り上げも得られるでしょうから、稼ぐことができるでしょう。

平均を見ると必ずしも高いとは言えない

国内ではいろいろな調査が行われていて、業種別の給料の平均などもわかるようになっています。タクシードライバーになろうとする人は、稼げるのではと考えている人もいるはずです。その統計資料によると平均的な給料はあまり高くないと言えるかもしれません。一般的な労働による給料に比べると低めになっています。しかしこれだけで稼げないと考えるのは間違いでしょう。この業界は歩合給が多いので、多い人と少ない人の差があると言えます。沢山給料をもらっている人は平均よりもかなり高い金額をもらっているでしょうし、逆にもらっていない人は平均よりも少ない金額の人もいます。

お客さんを乗せるテクニックを考える

与えられる仕事だと、それをしていればそれに応じた給料がもらえます。それほど多くはもらえませんが、生活するのに十分な金額をもらえるかもしれません。一般的な給料では物足りないと考えるなら、稼げる仕事として知られているタクシードライバーを目指すといいかもしれません。ただし、なればすべての人が稼げるわけではありません。沢山の客さんを乗せる方法を知っておく必要があります。また、効率的に時間を使う方法も知らないといけません。車を動かせる時間は限られているので、その時間内でいかに高単価のお客さんを乗せるかが重要になります。テクニックが分かれば、どんどん稼げるようになります。

まとめ

タクシードライバーを希望する人は、稼げるイメージがあるかもしれません。歩合給で決まる仕組みになっているので、たくさん売り上げを上げればその分たくさんもらえますが、すべての方が稼いでいるわけではありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?
タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
年齢別でタクシードライバーになるためには?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーの給料事情とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について