60歳以上でタクシードライバーになる 転職と再就職で60代も働く

年齢別でタクシードライバーになるためには?

タクシー運転手になるには年齢は関係ないですし、まずは面接を通過することです。特別なライセンスが必要だとしたらそれは二種免許のみ、あとは社外研修を受けたりはしますが、ドライバーデビューの日はあっという間にやってきます。

未経験者でもやる気次第でドライバーになれる

高齢者が多いイメージのあるタクシー業界ですが、実際にドライバーは高齢者が多いです。タクシー運転手になるには何年も大学へ通って国家資格を取得するような、超難門を突破しなければなれない世界ではありません。平均年齢が高いのは新卒採用で入社をした人はほとんどおらず、転職をしてドライバーになった人がほとんどだからです。年齢が高くなるほど社会での再就職は難しくなりますが、タクシー業界なら年はさほど関係ありません。エリートでも年の壁には勝てずに転職をしてドライバーになる人もいますし、前職は一切といっていいほどこの業界では気にしていないです。

新卒採用にも力を入れているタクシー業界

若い世代でもタクシードライバーになる人が増えていますが、若い人がタクシー運転手になるには、今では新卒採用のルートもあります。これまではどのタクシー会社でも新卒枠は少なくしていましたが、近年では新卒採用に力を入れる会社のほうが多いです。学生がなぜタクシー会社に関心を持つようになったのか、その一つは休みをきちんと取りやすいこと、そしてタクシーの収入の良さも決め手になっています。新卒採用の年は300万円に満たないとしても、歩合制の世界なので数年で600万円超えドライバーも多い世界です。学生は先のことまで考えて就職先を決めているので、年収が高くなる期待のできる仕事には魅力を感じています。

面接をパスして研修や二種免許取得も

タクシー運転手になるにはまずはタクシー会社を決めること、タクシー会社の面接をパスすることです。タクシー会社にもよりますが場合によっては、健康診断を受けるケースもあるので、普段から健康管理はしっかりとやっておきます。プロのドライバーとしてタクシーを運転するためには、二種免許取得が必ず必要です。教習所へ自分で申し込みをして通うと思いがちですが、会社で手配をしてくれるケースが多く、取得するための費用も会社餅のケースが多いので、未経験でも安心できます。無線グループの研修を受けるなど必要な社外研修を受けて、新人研修へとステップアップをして、やがて念願のドライバーデビューです。

まとめ

タクシー運転手になるにはまずは働きたいタクシー会社を決めること、この世界は年齢ではなくやる気が大事です。清潔感のある服装で面接をクリアして、研修を受けてドライバーとして働き始めたら、多くの人に満足をしてもらえるドライバーとしての未来が待っています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?
タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
タクシードライバーは本当に稼げるの?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーの給料事情とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について