定年後にタクシードライバー 視力はどれくらい 転職と再就職で60代

定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?

タクシードライバーとして定年後に働きたいとき視力はどれくらいないといけないかです。一般的な検査とそれ以外の検査で一定の数字がないといけません。それ以外の検査では、遠近感覚が正しいかどうかを調べられます。

2種免許が取得できるのであれば問題ない

自動車を運転するのに必要なのは、手や足などになるでしょう。ハンドルやアクセル、ブレーキ等の捜査が必要になります。それ以外に必要なのが目です。前方や周りの様子を確認しながら運転しないといけないので、視力が弱い状態だと運転ができなくなります。定年後にタクシードライバーとして仕事をしたいと考える人は視力がどれくらいないといけないか不安になるかもしれません。2種免許が取得できるレベルであれば仕事はできます。1種免許では矯正後に0.7あればよいとされていますが、2種免許では矯正後に0.9が必要になります。裸眼だと厳しい数字ですが、眼鏡などを使えば不可能ではないでしょう。

高いと給料に差が出る可能性もある

タクシー業界は車もさることながらドライバーが必要です。自由に仕事ができるとはいえハードな仕事でもあるので、誰もがなりたがっているわけではありません。その中で、定年後の仕事としてタクシードライバーを希望する人は非常にありがたい存在です。一般的には60歳以上で定年になりますが、タクシー業界でもそれらの年齢でも就職が可能です。ただ老化現象が進んでいるので視力が心配になるでしょう。給料に影響するときもあるので、目はいたわりながら生活した方がいいでしょう。目が見えにくければそれだけトラブルが起きやすくなります。トラブルが起きにくいとして視力がいい人は好待遇になるところもあります。

一般的な検査とは異なる検査が必要

健康診断などでは視力検査が行われます。左右上下のどこに切れ目があるかを判断して目がどれくらい見えているかを判断します。タクシードライバーでは、2種免許の条件である0.9あればなれますが、定年後に仕事をしようとする人はそれ以外にも注意が必要です。深視力の検査に合格する必要があるためです。一般のものはただ見えているかどうかですが、それだけでなく遠近感覚が備わっているかがチェックされます。自動車は動きながら進むので、正確な遠近感覚を必要としています。もし足りないときには矯正によって行えるかもしれません。眼鏡などを工夫することで、遠近感覚を正しくすることができます。

まとめ

タクシードライバーとして定年後に働きたい人の悩みとして視力があるかもしれません。2種免許が取れるかどうかが第一の基準で、これを取れるなら問題ありません。それ以上に良い状態なら評価が上る可能性があります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?
タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
年齢別でタクシードライバーになるためには?
タクシードライバーは本当に稼げるの?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーの給料事情とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について