タクシードライバーに必要な免許と資格は

タクシードライバーに必要な免許と資格は?

タクシードライバーになるために必要な免許と資格について、どんなものが必要がなのか以下にまとめていきます。一口にタクシードライバーといっても、いくつかの職種がありますので仕事内容に関する理解を深めておくことも大切ですので参考にしてください。

タクシードライバーの4つの職種

一言でタクシードライバーといってもいわゆるタクシー、ハイヤー業務以外にも介護タクシー、運転代行と呼ばれるものもあり、それぞれ特徴があります。專門資格を取得して関連職種の求人を探そうとしている方のために、各職種の特徴をまず確認しておきます。一般にタクシーはお客さんを自動車に乗せて、目的地にまで運行することを主たる業務としています。ハイヤーはさらにサービスのグレードをアップしており、高級車を使用、完全予約制などの特徴があり、主に接待などで活用される傾向があります。介護タクシーは身体の不自由な身障者の利用を対象としており、保険対象となるものとならないものの2つの種類があります。運転代行は、飲酒で運転できないお客の車を代わりに運転する仕事です。

タクシードライバーに必要な資格とは

タクシー業務をする上で必要な資格には一種と二種があります。通常、自動車運転免許と言うと一種を指しますが、これだけではタクシー業務を行うことはできないと法律で定められています。そこでタクシードライバーになるために、二種を取得してはじめて、緑ナンバーを付けた自動車を運転して業務可能となります。一種のみででは、運賃を受け取る業務を実施すると無免許運転となってしまいますので注意してください。なお二種を取得するための試験を受験するためには、21才以上でありかつ、一種取得から3年を経過していることが必要です。

二種免許は入社後の取得でも大丈夫

二種を取得していないと、タクシー会社に就職できないわけではなく、会社によっては入社後に取得することを条件に採用されるケースもあります。しかも二種免許取得のための研修制度が設けられている会社もあり、未取得であっても危惧する必要はありません。もちろん二種取得を採用の条件としている会社もありますので、事前に詳細を調べておく必要はあるでしょう。また、東京、大阪、神奈川のタクシー会社で働く場合に、運転エリアに関する地理試験が実施される場合があります。目的地までお客さんを輸送する際に、最短経路を選択するため必要な知識があるかテストされます。

まとめ

タクシードライバーになるためには、普通自動車免許の取得に加え二種免許を取得することが必要です。ただし、タクシー会社に就職後に取得することも可能ですし、研修制度が設けられているところもありますので事前に確認しましょう。

比較ページへのリンク画像