タクシードライバーの平均年収は 転職と再就職で60代で働く

タクシードライバーの平均年収は?

タクシードライバーは、やり方次第で大きくお金を稼ぐことができます。全国で見れば平均年収は300万円程度ですが、少し工夫をするだけで、倍位の年収を目指すことも可能です。そのノウハウを理解することが重要と言えるでしょう。

全国的な年収よりも上を目指すために

タクシードライバーは、自分のペースで働くことが可能な、魅力的な仕事です。ただ、全国的に見ると平均年収に関しては300万円前後となっています。そこまで高額ではありませんが、工夫すれば年収アップも可能なので、できれば前向きに検討しておきたいところです。働くからには稼いだほうがモチベーションも高まります。本気で稼ぐなら東京都内がオススメであるため、関東地方に住んでいる人は、東京都内で働くことを前提に求人情報を探してみましょう。もちろん、道などが複雑になってくるので大変な部分もあるかもしれませんが、回転率が上がるので、単純に稼ぐことが可能です。タクシー業界の給料の仕組みを理解すれば、人が多い所の方が有利だと言うのは、よくわかります。

歩合制の会社が多いのが特徴でもある

タクシー業界に関しては、給料が歩合制のところが多いというのも、大きな特徴の1つです。固定給だけではあまり稼げないものの、努力すればするほど稼げるようになる歩合制システムは、タクシードライバーにとっては非常にありがたいものといえます。ただ、歩合制の中で稼ぐと言う事は、それだけノウハウや知識が必要になってくるということです。東京都内で稼ぎたいと感じている人は、東京の地理的な知識が求められるでしょう。地理試験などに合格しておけば、それだけ説得力も出ますし、自分のためにもなります。いかに回転率を高めるための工夫ができるか、そこが大きなポイントになってくるので覚えておきたいところです。

場合によっては年収を倍にすることも可能

確かにタクシードライバーの平均年収は300万円前後ですが、 600万円前後稼いでる人もいるので、見本にしておきたいところです。もしノウハウなどを学びたいなら、ネット上の特定のタクシー求人サイトで相談に乗ってもらったり、タクシー業界の説明会に参加すると言うのも、悪くない判断だと言えるでしょう。説明会に関しては、タクシー業界が全国規模で展開しているものであり、いろいろな地域で参加ができます。東京都内で働くのが難しいタクシードライバーも、自分の地域で説明会が開催されることがあるはずなのでチェックしておきたいところです。

まとめ

タクシードライバーの年収は、工夫すれば平均年収を上回るので、歩合制の会社を選び、ぜひとも積極的に働くようにしておきたいところです。そのノウハウさえ理解すれば、大きなやりがいを感じる仕事と捉えられるでしょう。

比較ページへのリンク画像