タクシードライバーの給料事情とは 転職と再就職で60代で働く

タクシードライバーの給料事情とは

タクシードライバーは、会社によって給料体系が変わるので、これから仕事を探そうとしている人は覚えておきたいところです。固定給だけのところもあれば、歩合制の割合が多いところもあるため、よく考えて選ぶようにしましょう。

歩合制なの大きく稼ぐことも可能となる

タクシードライバーの業界は、働く職場によって料金体系が大きく異なるということを覚えておきたいところです。固定給だけではなく、歩合制の会社も非常に多いと言えるでしょう。固定給で安定を求める人もいるかもしれませんが、実際のところ歩合制の会社を選んだ方が大きく稼げるので、非常にお勧めです。例えば、東京近郊であれば、売り上げの60%ほどを歩合として受け取ることが可能な会社も存在しています。そこまでいけば、仕事に対してのモチベーションも高まるでしょう。やはり固定給のみの会社とは違って、やればやるだけお金を受け取れるなら、やりがいを強く感じられます。特に回転率の良い東京などならなおのこと、歩合制の方が良いはずです。

年齢によっては固定給のみを選ぶのもあり

ただ、歩合制になるとそれなりの稼ぐ努力が必要となるので、50代以降ののんびりと働きたい人にとっては、魅力的ではないと感じる人もいるはずです。そんな人は、自分に合わせて固定給の職場を選ぶのも1つの選択肢として捉えておきましょう。無理に歩合制の会社を選んで働く事はないです。あくまでも自分の働きたいと感じる給料体系に注目することが重要なので、そこを優先させるのが基本となります。求人情報チェックすれば大体わかりますが、求人を見るだけではわからない場合もあるでしょう。そんな時は、面接の時に素直に採用担当者に聞いてみるのがオススメです。最初の段階で、給料体系ははっきりさせるべきだといえます。

年金を受け取ってからも働き始めることが可能

ちなみに、年金を受け取るような年齢になってからも、仕事を続けたいと言う人は、タクシードライバーがやはりオススメです。年金受給年齢でも働くことが可能な仕事としては、かなり有意義な仕事だといえます。体力などもそこまで必要では無いですし、ドライビングテクニックと知識、そして接客応対力があれば、年齢はそこまで気にならないでしょう。むしろ知識や経験が豊富なら重宝されることになるので、自信があるならチャレンジしておきたいところです。経験豊富な人を即戦力として求める会社もたくさんあります。若い人たちよりもさらに稼ぐことが可能になるので、年齢を重ねてもやりがいを感じられる、貴重な仕事だと言えるでしょう。給料にある程度こだわりを持つなら、タクシードライバーは割とオススメな仕事です。

まとめ

給料体系が様々なタクシードライバーですが、歩合制ならさらに稼ぐことが可能です。固定給で働くことも可能なので、自分のスタイルに合った働き方をすることが大事だと言えるでしょう。最初の会社選びが非常に重要だといえます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?
タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
年齢別でタクシードライバーになるためには?
タクシードライバーは本当に稼げるの?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について