定年後も前職の経験 タクシードライバー 再就職で60代も働く

定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?

タクシードライバーは、定年後にも活躍できる貴重な職業です。前職の経験を生かせるなら尚良いので、地理的な知識があるかどうか、自己分析して考えてみましょう。道順や施設等に詳しいなら、即戦力として働くことも可能です。

地理的な知識が求められる職業となる

実際に、定年後タクシードライバーになる人が増えてきています。もともと平均年齢の高い職業ですし、年齢を重ねても働ける仕事内容となっているので、万人にお勧めできるでしょう。地理的な知識を求められることが多いという事は、覚えておきたいところです。なので、前職がドライバーだった場合は、その経験を生かして働くことができます。もし経験がなくても、特定の知識の地理的な知識がしっかりとしているなら、それだけで即戦力として働ける可能性はあるでしょう。最近はカーナビがついてるタクシー車両も多いですし、地理的な知識に乏しくても、特に問題はないといえます。しっかりと研修で覚えさせてくれるような会社も多いです。

必要な免許などもしっかりと理解しておこう

ただ、タクシードライバーが必要な免許もあるという事は、覚えておきたいところです。免許に関しては、普通自動車第2種免許で、教習所に2週間ほど通うことで取得可能ということを覚えておきましょう。普通自動車第一種免許を3年間以上保持しておく必要がありますが、定年後まで運転をしてきたと言う人であれば、ほぼ条件を満たすはずです。また、取得のために必要な費用等に関しては、ほとんどの場合において、会社が負担してくれます。この点に関しては心配する必要はないでしょう。未経験者でも受け入れられる体制が整った会社が多く、定年後でも安心して働き続けているケースがたくさんあります。

むしろ定年後に年収が上がるケースも

実際のところ、全国的なタクシードライバーの平均年収は300万円前後程度ですが、少し工夫をすると、これが50万円や600万円になります。定年後に年収が上がったと言う人も多いので、年齢を重ねても稼ぎたいと言う人にこそ、お勧めできる選択肢です。稼ぎ方のノウハウがわからないと言う人でも、レベルの高い会社ならしっかりと教えてくれるので、安心できます。きちんと稼げるための研修を行う会社かどうか、先に調べておくと良いでしょう。また、給料が歩合制であることもかなり重要なポイントです。東京都内では60%の歩合率で働けるような会社も多いので、本格的に稼ぎたいならこういった会社がお勧めだといえます。年齢を重ねてからでも前職の経験を生かして稼ぐなら、かなりおすすめの職業の1つと言えるでしょう。

まとめ

ドライバーとしての前職の経験があるなら、タクシードライバーはすんなりと入っていける職業の1つです。定年後も改めて稼ぐチャンスがあると言うだけでも、高齢者にとっては非常に魅力的な職業なので、注目する価値はあるでしょう。

比較ページへのリンク画像