70歳でもタクシードライバーに転職と再就職で60代で働く

70歳でもタクシードライバーとしてやっていけるの?

タクシードライバーは、70歳からでも働くことが可能です。シルバー求人に厳選して探せば良いので、そこまで難しいことではないでしょう。シルバー求人を掲載している求人ポータルサイトに目を向けることも大事です。

求人情報を探すのがまずは先決となる

70歳以降でも、タクシードライバーとして働くことが可能です。シルバー枠の求人情報をまずは探すのが先決となるので、とりあえずはいろいろなツールやコンテンツを活用して探してみましょう。ネット上の求人サイトがオススメだといえます。インターネット上の特定の求人サイトでは、シルバー枠の求人情報をたくさん提供しているので、目を向けてみるだけでも価値があるはずです。会社によっては、定年退職後の人材も募集していたりするので、割と多くのチャンスがあるでしょう。タクシードライバーは年齢を重ねてからも働くことができると言うメリットがあるため、そのことを理解している会社は、すんなりと受け入れてくれます。

最初に健康診断のある会社を選ぶ

やはり70歳以降になってくると、どんなに健康的だと自負している人でも、健康面が気になるところです。責任ある仕事なので、健康診断を先に行ってくれる会社を選ぶのが良いでしょう。また、持病があるなら最初に言ったほうがよいといえます。包み隠さず自分の持病を伝えて、万が一の事故を防ぐことが肝心です。特に運転に支障のないような持病であれば、問題なく受け入れてくれるでしょう。その辺のことに関しては、面接の時によく相談に乗ってもらうことをお勧めします。タクシードライバーは、日頃の健康管理もう仕事の1つだと捉えておくべきです。70歳になるまで健康維持するのは今の時代では難しいかもしれませんが、その年齢からでも働きたいと感じているならなおのこと、責任を持って体調管理をするべきだといえます。

スキルを生かしてむしろ大きく稼ぐ

記事のイメージ画像

70歳にもなれば、タクシードライバーとしてのんびり稼ぐことも可能です。会社側としても、年齢を考慮して、そこまで忙しいことをさせないでしょう。しかし、キャリアを生かして稼げるというのも、また事実です。無理のない範囲で働くことが大事ではあるものの、少なくとも若手の人よりは稼ぐノウハウを知っているわけですから、やるからにはそれなりに稼ぐ工夫をすることが大事だといえます。特に歩合制の割合が多い所で働くならなおのこと、頑張ったほうがモチベーションも高まるでしょう。無論、のんびりと働きたいと言う人は、固定給の割合が多い職場を選ぶと言うのも、悪くない判断です。後は福利厚生面に注目しておけば、問題ないといえます。

まとめ

タクシー業界では、 70歳以降でもニーズがあるので、年齢を重ねたドライバーも働くことが可能です。もしまだ働きたいと感じているのであれば、求人情報を探して、チャンスをつかんでみましょう。体に無理がかからない程度に働くことが大事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシードライバーに就職するには年齢制限があるって本当?
タクシードライバーに必要な免許と資格は?
定年後にタクシードライバーになる人が急増中?
年齢別でタクシードライバーになるためには?
タクシードライバーは本当に稼げるの?
タクシードライバーの仕事のやりがいとは
タクシードライバーは楽しい?仕事の内容とは
男性と女性のタクシードライバーの平均年齢とは
タクシードライバーの定年制度とは
タクシードライバーの給料事情とは
タクシードライバーが売上げを上げるコツとは
タクシードライバーの平均年収は?
65歳のタクシードライバーの勤務状況を知りたい
タクシードライバー同士の人間関係はどうなの?
タクシードライバーは体力的にも厳しい?
タクシードライバーは道に関する知識が絶対必要?
各会社のタクシードライバーの歩合制について
定年後タクシードライバーの教育について
定年後タクシードライバーの面接対策
定年後にタクシードライバーになりたい!視力はどれくらい必要?
ペーパードライバーでも定年後タクシードライバーになれる?
定年後も前職の経験を生かしてタクシードライバーになる人が増えている?
定年後のタクシードライバーのライフスタイルとは
定年後のタクシードライバーの年金制度について